スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米沢市図書館について~フェイスブックの7月4日記事

ひさびさのUPです。
ここんところ、新聞やテレビで米沢の図書館がたびたび話題になっ​ているので以前、米沢市議会でちょっと前に議論された内容を思い​出しました。

そもそも当初の話では、図書館を利用する祭に駐車場等が狭隘で不​便なので新しく建設する。ちょうどポポロビル譲渡の話もあるし、​利用する人もおり街中の交流人口の増加にも役立つ。
街中活性化にも利用でき一石二鳥である。
(当時ポポロビル以外の選択はなかった)
おまけに補助金も使えるので美味しい事業だから賛成下さい。との​説明であった。

なぜ図書館なのか?
図書館は反対しないが現図書館はまだ使えるしもったいない。駐車​場云々が要因であれば、向かいの公園や体育館をうまく利用すれば​解決するのでは?
と思うのだが市側としては、道路を横断するのは危険なので出来な​い。やはり広いところへの建て替えが必要との事。

まちづくりに必要なのか?
市長や当局の考えは、まちの中心に何があるかでまちの性格が変わ​ってくる。歴史と文化が溢れるまちにしたいので図書館が必要。活​性化に大いに寄与するとのことであった。
図書館でそうなるのであれば、現図書館もそうなっているはずであ​るがそうではない。

交流人口が役立つのか?
当時の活性化の目標は、通行人が10時間で126人になることと​の事。
1時間当たり12.6人。10分で2人。現在の目標は違っている​のかな?
活性化は人が集まり更には消費行動があって、はじめて達成される​ものであり、集まる人の消費行動を視野に入れない計画、手段は、​目的を達成させる手段であるとは言いがたい。
図書館集客のコンビニエンスニーズが頼りでは、活性化は図れない​。

新築する根拠は何か?
当時はマーケティングの調査もされておらず、利用者から駐車場が​狭いと言う意外、図書を増やせとか、読む場所をとか、ニーズはな​い状態。おまけに、その当時の貸し出し図書の1位が「るるぶディ​ズニーランドの歩き方」であったりして建て替えが必要な根拠は見​当たらなかった。

なんとしても図書館を違う場所へ建てたいという思惑が溢れるよう​な説明であった。

たとえ、補助金が使えようとも残りの数十億円は市の税金から出さ​なければならなく、上記のような建て替え移転の理由では賛成でき​ない。
当局の皆さん方が自分の家を建て替える時にそんな理由で建て替え​るのだろうか?しないはずで、イザ建てる時はこと細かく土地選定​や建物の設計や引渡し時期に注文をつけるはず。
その様な感覚で論理的に事業を考えて欲しいと委員会や議会の中で​散々意見をしたのだが、採決の時には「当局が建ててくれると言う​のだから反対する理由がない。建ててもらえ。」との賛成意見が大​半を占め採決は負けであった。

今、市で数十億円使えて市民からの要望などをまとめたら、計画す​る事業は図書館ではないはず。恐らく病院や福祉施設、文化会館な​どが要望に上がるのでは?

もともとは十数年前にはじめて問題になり中心部を活性化させよう​と色々な事が計画されては破綻を繰り返してきた。
その当時の目的を十数年たった今でも変わらず遂行し続けようとす​る行政は真面目そのものであるが、当時の社会状況や情勢は現在と​大きく変わってきてないかと。
商店街があった時期であれば再活性化との意味合いもわかるが、状​況が変わってきてる。現在は計画が破綻しかけ議会との信用は破談​寸前である。
市はもう一度、この地域をどの様な地域にしたいのか真摯な態度で​ビジョンを示し、50年60年と連綿と積み重ねていける街づくり​をすべきであると思う。
そしてビジョンを示し計画を立てたならば、時間を掛けずにすばや​く実行すべきである。
そうすることが市民にとっての本当の利益や街づくりに繋がるので​はないかと思う。
スポンサーサイト

テーマ : 地方自治体ウオッチング - ジャンル : 政治・経済

リハビリに・・・

昨日、外へ出た時に山を見ると白と薄黒く胡麻塩状態でした。
里の近くの山まで雪が落ちてきた。
どうりで寒かったわけだ、なんて納得しながらリハビリへ。
病院は暖かかくていいね。
足のほうは、ギブスもはずし歩くとチョット痛いのだが日常生活がリハビリのようになっており
ここでは格段何もせず。
困ったのは、腕。
これが中々動かず。上がらない、回らないでチョットづつ痛みをこらえながら稼動範囲を広げてる。
肩甲骨のほうもどの位くっ付いているのか?
時間が掛かりそうです。

最近TPP、ですね。
総理が行って大統領に宜しくお願いしたみたいだけど。
関税廃止と言っているのだが、商壁撤廃と言っているのだが、アメリカが・・・・
ほんとうにするのであろうか?
自動車、保険や金融はアメリカの国営企業になってしまっているし・・・
日本に有利になるような条件闘争をしてほしいですね。
そんでもって、TPPをうまく利用でき国内産業が製品が海外へ進出しやすいような
条件をつくってほしいですね。

そんでもって地方は、ローカルとローカルどうし(単独でもいいけど)連携を図る。(クラスタ化してもいい)
その上でグローバルを目指し海外のローカルと連携を図る。
世界のローカルマーケットは広いです。
歩みは遅いかもしれないけど、国、頼りではあてにならない。
地方の独立独歩。出来るところはね。

ソファーで寝てみる。

前回ご報告した通りなんですが、怪我の経過は急に骨がくっつく訳でもなく徐々にくっ付いているようです。
カルシュウム健康牛乳やヨーグルトそんでもって小魚ピーナツ色々試しているのですが効いているんだろうと
自分に言い聞かせリハビリを行っております。
毎日の事ですが、肩甲骨が複雑骨折しているので仰向けに寝ると痛みがこみ上げてくるのです。
ふとソファーだとどうだろうか?と思いつき寝室から毛布と布団を運ばせて床を作って寝てみる。
ソファーの肘掛で頭が痛いのでクッションを2枚敷いて寝てみた。とても温かく寝心地は良いみたいだった。
翌朝、肩の痛みはさほどではなかったがやはり頭が痛い。詳しくは頭蓋骨が痛い。
ついでに首も痛くなり思い描いたようにはならないようだ。

こんなところで、「何かを得るには、何か犠牲はつき物」とふと頭をよぎる・・・・・・

次は、ソファーの肘掛をはずしてみるか?

初体験・・・・

久しぶりの更新となりました。
ファンの皆さん方は何やってんだろう?どこ行ったかな?などとご心配をおかけしておりました。
別にどこへ行ってしまったとかと言うわけでもなく、ただ単に更新しなかっただけなのです。
更新しない間は、あっちこち廻ったり仕事の話や各種相談を承ったり。
また、地域活動やなんかで・・・・
その地域活動の一環で市民総体というのがあるのですが。
競技内容は、右はゲートボールやボウリングから左は水泳や陸上まで。
多様な競技を行い地域別で競い合っております。
その中で相撲競技があるのですが、僕はその中の選手になっております。
地域に錦を飾ろうじゃないか!との思いを胸に毎年参加しておりました。
今年の開催は忘れもしない9月の4日!
この日は念入りに準備運動をこなし、若干の四股踏み。
そんでもって、予選の取り組みを見ていたら、毎年の事だけど怪我人が出そうだな?
注意しなければなどと思っていた矢先の自分の取り組みで・・・・勝負は勝ったんだけど・・
土俵下に落ちた時に、相手の下敷きになってしまいました。
その瞬間、バキ!グニュ!との音が・・・・・いってしまったなと感じました。そうその通り、怪我をしてしまいました。
その怪我の内容は、身体の上部から、右肩甲骨の複雑骨折。右肋骨ひび。右足の剥離骨折。
ほぼ右半身不随の様相です。
そんでもって入院約一ヶ月。
入院するのは初めてじゃないけどイヤですね。ヤッパリ。
車椅子に乗りながら食後の一服しているとふと頭をよぎる歌が・・・

「何でもない様な事が~幸せだったと思う~・・・・・」 BY ロード

普通が一番だなと妙に納得しました。

はじめは車椅子。その次に松葉杖。そこから退院。でいまは自宅療養中。
車も運転できず不便。
だが来週には足のギブスが取れるはず。
そんでもって、腕が動けば運転も出来るはず。
あ~待ち遠しいナ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。